夏場が来れば思いだす…って歌じゃないですが…

夏場が近付いて参りました。
大人なので、赤ん坊のように夏休みが生じるわけじゃないですが、赤ん坊がいると年々苦しむ「夏休みの宿題」。
困難のは自体…よりも周りの大人じゃないかとおもうのは、私だけではないはずっ!と思いつつも、今年も赤ん坊に先駆けて、権利追及のプロセスはどうしようか…、自主学習には今年は何をやらせようか…とか、常に悶々と悩んでいらっしゃる。
当の本人は素知らぬ顔していますが、夏休みの宿題もちゃんと打ち切ると、インストラクターの理解もあるので、父兄も戦々恐々。
おまけに、ウチの子は進んで「これをやりたい!」とかがないので、自然に「やらせてある」状態に向かうんですよね(汗)

そんなわけで、夏休みの設置をすべく、今日は大型の書店へ用意に。
各授業の教科書に当てはまる難点集、1学期の復習のドリル…今年はどうしようかな?
やはり無難に復習ドリルが可愛いかしら?
権利追及のプロセスは…設置物質や追及日数も考慮して決めないとなぁ〜。
その子に見合うコンテンツ・結果にしないと、追及展示決定から弾かれちゃうしね。難しいです。
さて…どうしようか。夏休みまでまだあるし…惜しくも悩んでから決めるか…。
今日も考え込むあたいであった。ミュゼ 500円キャンペーン